57歳からの定年ゴルフ

「ブログでゴルフは上達するか」をメインテーマに、会員権から1人予約、ゴルフアイテムまで、中途半端にこだわりまくります。

【何歳に見えるか問題】シニアの境目はどこにある

普段利用している理髪店には「シニア割引」というのがありまして、60歳以上については料金の割引があります。

先日、その理髪店での支払いの際、いつもより安い料金を言われたので、「あれっ、いつもより安いですけど」と言ったところ、

シニアさんじゃなかったですか?」と、千原ジュニアさんみたいな言い方で返されてしまいました。

あまりお見かけしないスタッフの方でした。

「そう見えましたか・・・」と寂しく呟いて本来の料金を支払ってきましたけど。

シニアさんでもジュニアさんでもありませんが、微妙なところならサービス業的には若めに言っておく方がいいんじゃないですかねーと思いながら店を後にしました。

冷静に出てきたものの、帰り道は心中穏やかではありませんでした。

  • しかし、なんの迷いもなかったなー
  • 完全に60歳を超えていると思われたわけか(◞‸◟)
  • あのままシニア料金で払ってしまうと罪になるのかな?
  • でも、勝手に間違えていたわけだし
  • 2〜3歳は誤差の範囲内ということかなー
  • でも、60歳は大台ですよ。もう少し悩むべきじゃないの?
  • コンビニみたいに客の方が画面を押すとか

などと、おかげで変な思考のループに入ってしまいました。

人生には大きな節目というのがあると思いますが、60歳というのは間違いなく最大の節目です。なんと言っても還暦というくらいですから。

まさに人生のフェーズが変わる境目と言えるでしょう。

若い時は10歳ごとに、あー30になったとか、もう40かーとか思ってきましたが、60歳が迫ってくると、まだもう少し時間があるものの、相当大きな節目になるような気がします。

 

そんなこともあって、理髪店以外にも、シニア向けの優待サービスがあるんじゃないかなと思って調べてみました。

ざくっと見ただけでも、鉄道とか映画とか、結構な種類の割引サービスがあるようです。

いいじゃないですか。シニア、大好き。

そのうち、ゴルフでも前の方のティーから打たせていただけるようになるんでしょうね。これに関しては最後まで粘りますけど。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。